Language Learning

14Articles
Language Learning

ユダヤ教の一大イベント、ハヌカについて学ぼう

日本では12月の一大イベントといえばクリスマスですが、ユダヤ教徒は同じくらいの時期にハヌカ(Hanukkah)をお祝いします。毎年ユダヤ暦の9月25日から8日間がハヌカとされ、今年は12月2日から10日がその期間にあたります。どのようなイベントなのか、見てみましょう。   ハヌカとは?   紀元前2世紀、イスラエルの地はシリアのギリシア人の支配下にありました。彼らは、ヘレニズム文明を広めるのをその占領政策としていて、ユダヤ教の聖所であるエルサレム神殿を汚し、人々に異教の慣習を押し付けたり、ユダヤ教のおきてを禁じたりしました。 そこで、ユダヤ人は反乱を起こします。強力なギリシア軍に勝利した彼らは、紀元前165年、エルサレム神殿を奪回し、解放しました。 ギリシア軍はエルサルム神殿を占拠していた時、神殿の燭台を点す油の壷を全て汚しました。しかし神殿解放の日、汚れていない油壼が1つ見つかります。油は1日分にも満たなかったものの、火をつけてみるとなんと8日間も燃え続けました。ハヌカは、この奇跡を記念した祭日です。 ハヌカは別名、「光の祭り」とも呼ばれます。 ハヌカには特別な燭台を用います。8枝(台)ともう1つのろうそくをつける台がついていて、9本の台がある燭台です。これはハヌキヤと呼ばれます。 ろうそくは、1日ごとに1本ずつ増やして点火していき、8日目に全部が灯されるようにします。点火用のろうそくは、「シャマシュ」という呼び名がついています。 (出典:ユダヤ教ーユダヤのお祭り|ミルトス)   どんなことをするの? HelloTalkのユダヤ人スタッフ、MishaとViktoriiaにハヌカの思い出を聞いてみました。 — Kaoru (以下、K): (バーガーショップにて)今日は二人に、ハヌカについて聞いてみたくて。ハヌカって言ったら、二人は何を思い出す? Viktoriia(以下、V): ドーナツかな。 K:…